オーガニックマーケティング協議会

オーガニック・プロのなぜなにコラム あんしん、おいしい、タメになる とくっちオーガニック

オーガニックマーケティング協議会って何?
[オーガニック]の実践・普及・促進を目的とした非営利の協議会。 らでぃっしゅぼーや、オーガニックスーパー、有機JAS認証機関などを設立してきた徳江倫明が推進役となって、全国の有機農家、各界の専門家が連携し、分析・調査・提言を行う、[オーガニック総合シンクタンク]です。

今回のコラム

家庭菜園から見えてくるオーガニック

家庭菜園。今年の夏はわが家もゴーヤづくりにチャレンジしました。園芸用の網を張り、購入した苗を植えて、油かすを一つまみ。ミニトマトやナスも含め、実は小ぶりで揃わず、傷や、虫にもやられましたが、いくつも採れて、大満足。農薬を使わないので安心、そしておいしかった。家庭菜園って、いいものですネ!

さて、お店に並ぶ農産物は、特段の表示がなければ、農薬を使っているのがふつうです。昔、農家の方に、農薬を使う理由を伺ったら「売り物にならないからだよ」と教えられましたが、自家用には農薬を使わないとも・・・。

確かに、見た目の良いものと劣るものが並ぶなら、良いほうを選ぶのが自然。農薬を使うのは「消費者ニーズに応えるため」。だから生産者は農薬を使う。農薬を使って見た目を優先した「売り物になる」野菜作りをするという考えは、一見正しいように思えます。

でも、それはほんとうでしょうか? 農薬をたくさん使うことが、「消費者ニーズ」にされた時点で、「安全」や「安心」が引っ込んでしまいました。消費者は、虫食いや姿形だけを問題にしているわけではない。食べ物は「安全」で「おいしい」がいい。本来の消費者ニーズは、とてもシンプルなことだと思うのですが・・・。

農産物は一般に、大きさや見た目などの規格が細かく定められています。市場に行くと、美しく立派な、まさに「箱入り」の野菜が並んでいます。その一方で、2、3か所に虫食いがあるとか、ほんの少し形がいびつ、程度の「これが?」と驚くような、破格に安い「規格外品」というものもあるのです。

生産者にとって「規格外」は恐怖です。買いたたかれるか、最悪は値もつかずに廃棄、ということも。この憂き目に会いたくないから、プロの農家は農薬を使います。自家用の家庭菜園では、美しすぎる野菜も作れませんが、見た目うんぬんで捨てることもなく、農薬は使いません。そして、おいしい!

なぜ農薬や化学肥料を使うことが当たり前になってしまったのか??? そのあたりを考えていくと、有機農業やオーガニックといわれる世界が少し見えてくるかもしれません。

あいうえオーガニック

海外のオーガニックはどうなっているの?

日本での有機栽培の畑や田んぼの面積は、全体の1%にも満たず、欧米と比べてとても少ないのが現状。有機JASの格付け実績を見ても、輸入のものがはるかに多く、そのせいか店頭で海外の有機食品を目にする機会も多くなってきました。

海外から輸入される有機農産物、有機食品の表示は、海外で認証されたものについても、国内品と同様、(国内で販売されるものは)すべて有機JASマークの貼付が義務付けられています。

有機認証という制度は、欧米が10年ほど早く始まりました。欧米では、80年代ごろから有機認証の必要性が議論されてきましたが、86年に狂牛病やチェルノブイリ原発事故が発生、食品の流通そのものについて、大きな課題をつきつけました。

こうした「食の安全への危機」を経験し、ヨーロッパとアメリカの一部で有機認証が法制化されたのが91年。日本の有機JASもこの流れを踏まえ、表示ガイドラインの整備が始まり、2000年の法制化となりました。

日本でも昨年の原発事故以降、食の安全・安心を求める声が高まっています。まだ少ない国内の有機も需要が高まっていくと思います。